将来の為に【保険相談をして、安定した未来をつくる】

説明

現在のスタイル

新しい形態へ

日本人

生命保険の20歳以上ののべ加入率は80パーセントほどと言われており、保険をかけるお金がない人や保険に興味がないという人を除けばほぼ加入していると言っても言い過ぎではありません。 かつて保険の加入率が低かった頃はテレアポや自宅まで勧誘に行ってもそれなりに成約したかもしれませんが、現代のように加入率が100パーセント近い時は、他社の保険会社から乗り換えを勧めるしかありません。 しかも、インターネットが発達した現代において、テレアポや勧誘もうまく行かないようになってきました。さらに、一戸建て住宅やマンションのセキュリティが強化されており、保険会社も増えたことも関係してくるとすでに今までの方法には限界があったのです。

知っておく

テレアポや勧誘が衰退すると、その代わりに保険ショップに顧客自ら保険相談をしに行くというカタチが増えてきたのです。保険ショップでは一社の保険だけでなく30数社ある保険を扱っており、保険相談というカタチで、顧客のニーズ似合わせてぴったりな保険を提案するものです。 実は、保険相談が始まった当初はこのような顧客からショップに赴くカタチはあまり流行らないのではないかと言われていました。 しかし、意外にもショップによる保険相談は人気を集めました。しかも保険相談をして実際に保険のプランを変更したり、保険会社を変更した人は約6割にのぼるのです。 これは、人に言われて行動するのではなく、自分の意思で行動したほうがよいと考えている人が多いという証拠です。